運動 | リンパ浮腫の治療方法 | リンパ浮腫の原因・症状・治療法などの総合情報サイトです。

運動

リンパ液の循環を促すために、適度な運動が必要です。
リンパ管と筋肉・関節運動・呼吸運動の関係を理解して、普段の生活に取り入れましょう。

リンパ液の循環を促すために、適度な運動が必要です。
リンパ管と筋肉・関節運動・呼吸運動の関係を理解して、普段の生活に取り入れましょう。

リンパ液の循環を促すために、適度な運動が必要です。 リンパ管と筋肉・関節運動・呼吸運動の関係を理解して、普段の生活に取り入れましょう。

バンデージや弾性ストッキング・スリーブをつけた状態で運動します。圧迫しながら運動すると、筋肉の動きと外からの圧迫によるポンプ作用でリンパ液・静脈血が効率よく流れます。関節を動かすと、筋肉も自然と動きますから、ポンプ作用が働きやすくなるのです。また、腹式呼吸をすると、胸腔が陰圧になり、リンパ液が心臓に向かって流れやすくなります。

運動は疲れすぎない程度に行ううことが重要です。運動をすると動脈血の流れが増加するので、リンパ液の産生も増えてしまいます。ゆっくりと脈拍が上がらない程度に行ってください。リンパ浮腫がみられる側だけでなく、反対側のリンパの状態も症状に影響します。両側ともバランスよく運動するようにしましょう。

(筋肉ポンプ図解)

ストッキングと筋肉に挟まれたリンパ管の流れが運動により促される。
また、ストッキングの圧力が加わると、筋肉に挟まれた静脈の還流も増加する。

足の運動

ストッキングをはいたまま、もしくはバンデージを巻いたまま運動します。
バンデージは膝の周りに食い込まないように注意しましょう。
(筋肉ポンプ図解)

やってみよう!簡単エクササイズ

腹式呼吸

立っ た状態、または仰向けに寝た状態で、深呼吸します。
へそのあたりに手を当てて、吸うときはへそのあたりに空気をため、吐くときはおなかを凹ませるイメージです。この呼吸法を5回ほど繰り返しましょう。
腹式呼吸
  • 股関節回し

    仰向けに寝て、片足の膝で空中に円を描くようにします。
    左右5回ずつ行ってください。
    股関節回し
  • 膝ボール挟み

    柔らかいボール(枕などでもよい)を膝で挟んでつぶします。内ももの筋肉を意識します。
    5回繰り返し行ってください。
    膝ボール挟み
  • 膝屈伸(スクワット)

    圧迫しながらスクワットすると、すねに壁を感じることがでます。
    5回繰り返し行ってください。
    膝屈伸(スクワット)
  • つま先立ち

    椅子の背などにつかまって、つま先立ちをします。ふくらはぎの筋肉を意識して、10回繰り返し行ってください。

    つま先立ち

足首回し

椅子に座った状態で、手を使わずに足の力だけで足首を回します。むこうずね(すねの前面)とふくらはぎの筋肉が動くのを感じましょう。時計回り5回、反時計回り5回行ってください。
足首回し
  • つま先運動

    足の甲の皮膚が動くのを意識しましょう。
    10回繰り返し行ってください。

    つま先運動
  • 首回し

    首の付け根、鎖骨の上が伸ばされるのを意識しながら回しましょう。5回繰り返し行ってください。

    首回し
  • 肩回し

    肩甲骨と鎖骨が動くことを意識して回しましょう。
    前後5回ずつ行ってください。

    肩回し
  • 肘曲げ伸ばし

    上腕の筋肉が伸びて縮むのを意識しましょう。5回繰り返し行ってください。

    肘曲げ伸ばし
  • 手首回し

    手首を外回し、内回しすることで、前腕の筋肉が動くのを意識しましょう。内外それぞれ5回行ってください。

    手首回し
  • 繰り返しグーパー

    やわらかいボールを握りながら行っても構いません。前腕の筋肉が動くのを意識しましょう。左右5回ずつ行ってください。

    繰り返しグーパー

その他の治療法

  • 圧迫

    圧迫

  • スキンケア

    スキンケア

  • 手術治療

    手術治療

  • リンパドレナージュ

    リンパドレナージュ

  •  新しい治療

    新しい治療